---T設計室の業務は大きく分けて3つの段階に分かれています。
 
①契約前段階(ご相談)
建築コンサルタント > T設計室の素案の提出(たたき台) → 概算工事金額算出
 
②設計業務段階(設計業務委任契約が必要)
契約 →性能設計 →構造計算 →実施設計 →確認申請  
 
③施行監理業務段階(施行監理業務委任契約が必要)
施工図 →実行予算 →業者契約 →施行監理管理 →アフターデリ、瑕疵補償 年間管理
 
 


裏技的な建築手法「分離発注方式」実践しています。
 
設計監理費とマネージメント費を明確にするのはもちろんのこと
資材費、作業費、経費など工事原価を施主様に公開しております
最大のメリットは業者との直接契約・工場への直接発注で大巾なコストダウンが可能です。
材料費・作業費が高くつく高断熱高気密住宅には最適の建築方法だと言えます。

 

 
 
---枕ひとつ持って家に入れるように、最初から建物全体のバランスで資金繰りを考えることが大事です。
 
T設計室では、金額について尋ねられたとき「坪単価」という基準でお応えしません。外構や電気・ガス・水道工事・諸経費といった必要な工事まで含めた全体のバランスで金額を提示させていただいております。
過去に建てられた実績を元に、皆様がお引っ越しされるまでに必要と思われる建築費を可能な限り具体的な金額を、建築予算参考シートでお話させていただいております。
 
 
 
 
---どうして坪単価で謳わないの?
 
延床面積で工事金額を割って算出する坪単価。この算出方法にはルールというものが
ありません。住宅会社ごとに違った方法で算出して坪単価を表示しています。
ローコスト系の会社は、少しでも安く見せようと、工事面積と称して延床面積には
含まれない部分まで床面積にカウントしています。
 
住宅を建てるには、建物以外の経費(登記や引っ越し費用等)も必要になります。
「後で別途工事に、あれもこれもまだかかるの!?」といった発生を極力減らしたいと思っております。枕一つ持って家に入れるように、建物全体のバランスで資金繰りをアドバイスさせていただいております。
 
 
---価格の開示により、建築費の透明化と業務の効率化によるコスト削減を目指しています。

 
T設計室の追求するCM(分離発注)方式では、建て主さまに対し全ての価格の開示により、建築費の透明化と業務の効率化によるコスト削減を目指しています。また、T設計室が直接購入した方が安いものは弊社で購入し、コストを抑えています。構造材は産地から直接購入しています。(ご希望下さるお客様には一緒に現地まで行き見学や直接購入していただいています)
オーダーメイドのこだわり住宅ですが、完成後のメンテナンスも考えてデザインする住まいは、完成して使っていくときに建売り住宅やハウスメーカーよりコストがかかるとは一概には言えないはずです。
 
CM(分離発注)方式では、現場で働く職人と直接に取引をするので、不要な中間経費は払うことなく原価で工事ができます。
ほぼ全製品にわたる金額の積み上げにより建築費が削減されるので、T設計室では「建築費削減システム」と呼んでいます。
製品のランクダウンや工事業者の手間賃を値切って安くするのではありません。
提案するのは競い合う安さではなく、確かな品質を確保したうえでの適正な価格です。
 
 
 
---予算が少ないのですがT設計室で家をつくることはできますか?
 
みなさま当然予算には限りがあります。総額の中でどのような家を実現できるか
私どもがご提案させていただきますので、気兼ねなくご相談ください。
 
家づくりを検討される中で一番気をつけてほしいのが、自らが建築したい「規模」そして「予算」のみで会社を選定しないことです。これは、坪単価の原理と言いますか、選定支が限られてしまい本当に望んでいる会社に出会えない可能性が高くなります。しっかり総予算をお伝えいただければ、家づくりの方向性をしっかりお示しさせていただきます。気兼ねなくT設計室までお問い合わせください。