--間取り、デザイン、素材も自由自在。心地よい暮らし方のコツがたくさん!

※このページに記載されている間取り・図面の無断転載、無断複製を禁じます。T設計室一級建築士事務所



--間取りが洋服のように替わるのであれば、
 今のあなたには二階に住む家もアリ

賃貸の家はいわゆる3LDK。水廻りとLDKと部屋が三つの15坪で五~八万円とうい
ところでしょうか。これを、倍の30~35坪にします。広すぎず小さからず蟹の甲羅の
ようなちょうどいい大きさです。二階の15坪をリビングとして住まい、一階の15坪は
シチュエーションに合わせて使っていく。

例えば、ご両親が泊まりに来たら一階の和室でおもてなしする。友達とホームパーティー
なんて時は、日の当たる一階のスノコを使ってワイワイおしゃべり、また面積が倍に
なったことで手持ちの荷物はすべて納まりますから、収納スペースは一階におろし
二階を開放的に日常使いの一つのワンルームとして大きく使えます。日常の空間と、
来客などの空間とのステージを「階」で分けることにより、一階と二階の住み分けが
できる家となります。

二階をリビングとして住まうことは、間取りに工夫を持って、また使い道によって自分たちの
個性ある生活に自由自在にカスタマイズでき、また給排水や電気配線などの更新も
可能ですから、「子供が大きくなったら部屋を増やしたい。」「十年たったらリビングを
一階に持っていきたい。」などの間取りの変更も可能となった新しい木の家となりました。

|1|2|3|
次のページへ LinkIcon