3.素直につくること

住まい手がまだ形にならない想いを「住まい」という形にしていく、そのお手伝いをすることが設計です。

住まいづくりはたくさんのことを決めたり、性能や工事の内容、お金となど
不安なこともたくさんあると思います。そういった不安を少しずつ解決したり、
ひとつひとつ積み重ねていきながら、自分たちらしい暮らしの場を
見つけていきましょう。実績と経験に裏付けられた提案と打ち合わせを
くり返しながら、住まいを形にしていきます。


形にあらわしにくいものだからこそ、じっくり大切に考え、住まいづくりに活かしていきます。

長く使っていくものだからこそ、じっくり時間をかけて
決めていきましょう。工事に入ってからも現場で、
ものごとを一緒に見て決めていきます。


「CM(分離発注)方式」は建築費削減システムとも呼ばれています。


決まった職人はいません。
建て主さまの大切な住まいづくりだからこそ、
「慣れた職人」と「慣れない職人」がいるなら、もちろん慣れた職人を
T設計室が探してきます。家族や友人など知人の方でも、
もちろん工事ができます。決めるのは、ご自身です。

工事中の保険と完成後の保険は別にかけます。

ご自身が内容を知って保険をかけることができます。
完成後の保険は、ハウスメーカーでも工務店でも
CM(分離発注)の家づくりでも同じように担保されます。